就労継続支援A型事業所 株式会社メジャーサポートサービス 浜松事業所

就労継続支援A型事業所 メジャーサポートサービス浜松事業所

就労継続支援A型事業所
メジャーサポートサービス 浜松事業所

A型事業所での短時間労働、賃金では金銭的に不安なこともあると思います。

しかし、就労継続支援A型とアルバイトの併用は原則禁止されています。就労継続支援A型は、一般就労が困難な障がい者を対象としたサービスであり、利用者は事業所に通所して、就労に必要な知識や技能の習得、職業訓練、就職に向けた支援を受けることができます。アルバイトも労働契約に基づく就労であるため、就労継続支援A型の利用と併用すると、就労継続支援A型の趣旨に反するとして、利用が認められなくなる可能性があります。

ただし、以下の場合には、就労継続支援A型とアルバイトの併用が認められることがあります。

  • 市区町村の許可が出ている場合
  • 一般就労先から事業所への通所が認められている場合

一般就労先から事業所への通所が認められる場合とは、アルバイト先の事業主が、就労継続支援A型の利用者である従業員の通所を認めている場合です。この場合、事業所とアルバイト先の間で通所の条件や時間帯などを調整する必要があります。

市区町村の許可が出ている場合とは、市区町村の担当者が、就労継続支援A型の利用者とアルバイトの併用を認める場合です。この場合、利用者本人の状況や、アルバイトの内容などを考慮して、併用が認められるかどうか判断されます。

就労継続支援A型とアルバイトの併用を検討している場合は、事業所の担当者に相談することをおすすめします。

また、就労継続支援A型とアルバイトの併用を検討している場合、以下の点に注意が必要です。

  • 就労継続支援A型の利用が認められなくなる可能性がある
  • アルバイト先の事業主に就労継続支援A型の利用を理解してもらえない可能性がある
  • 事業所とアルバイト先の間で通所の条件や時間帯などの調整が必要な可能性がある
  • 市区町村の許可を得るために、利用者本人の状況や、アルバイトの内容などを説明する必要がある

 就労継続支援A型の利用を継続しながら、アルバイトで収入を増やしたいという場合は、以下のような方法を検討してみるとよいでしょう。

  • 事業所の支援を受けて、アルバイト先を探す
  • 事業所の支援を受けて、アルバイト先と通所の条件や時間帯などの調整を行う
  • 市区町村の担当者に、アルバイトの併用を相談する

また、就労継続支援A型とアルバイトを併用する場合は、以下の点に留意しましょう。

  • アルバイトで働く時間や体力に余裕を持たせる
  • 就労継続支援A型の利用で得た知識や技能を、アルバイトで活かす

就労継続支援A型とアルバイトの併用は、障害者にとって、収入を増やすだけでなく、就労経験を積むための有効な手段となります。しかし、併用には注意点もあるため、事前によく検討してから、事業所の担当者と相談することをおすすめします。

具体的な事例としては、以下のようなケースが考えられます。

  • 就労継続支援A型の利用者であるAさんは、アルバイト先の事業主から、事業所への通所を認めてもらい、アルバイトと就労継続支援A型の併用を実現しました。Aさんは、アルバイトで得た収入で、生活費や交通費などを賄いながら、就労継続支援A型の利用で、就職に向けたスキルアップに取り組んでいます。
  • 就労継続支援A型の利用者であるBさんは、市区町村の担当者に相談した結果、就労継続支援A型とアルバイトの併用を認めてもらいました。Bさんは、アルバイトで働く時間や体力を調整しながら、就労継続支援A型の利用で、一般就労に必要なスキルを身につけています。

就労継続支援A型とアルバイトの併用は、障害者にとって、より豊かな生活を送るための選択肢の一つです。自分の状況や希望に合わせて、検討してみてはいかがでしょうか。

ですが、一番大切なのはご自身の気持ちと体調です。体調にご不安がある方はお勧めできません。

まずは、あなたの気持ちと体調を考えて、それでもご不安でしたら事業所に相談してみてはいかがでしょう?