就労継続支援A型事業所 株式会社メジャーサポートサービス 浜松事業所

就労継続支援A型事業所 メジャーサポートサービス浜松事業所

就労継続支援A型事業所
メジャーサポートサービス 浜松事業所

メジャーサポートサービス浜松事業所のサイトを作ってくださっている方も在宅勤務の方です!昨年末にご卒業されましたが、隣の席で私が散々お世話になった方も在宅と併用して通所されていました。

事業所はビルの6階にありますが、エレベーターもあり車椅子の方が見学に来ることも可能です!ご安心ください。近くに民間の駐車場もあります。駅からも近くアクセスしやすいと思います。通所が困難な場合はご自宅でお仕事が出来ます。ですので、通所が困難だからといって就労を諦めないでください。

メジャーサポートサービス浜松事業所は様々な方法でサポートさせていただきます。

A型事業所で在宅勤務をするには利用者が希望するのはもちろんですが、それだけで在宅勤務ができるわけではありません。また、在宅勤務をすることで得られるメリットもあります。では、どのような条件とメリットがあるのか見ていきましょう。

A型事業所で在宅勤務をする条件

A型事業所で在宅勤務をするためには、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • 在宅勤務の利用を希望している
  • 在宅勤務による支援効果が認められると自治体が判断した

1つ目の条件は、利用者本人の希望です。A型事業所は障害者の就労支援を目的とした事業所であるため、利用者が在宅勤務を希望する場合は、事業所がその希望を尊重することになります。

2つ目の条件は、自治体の判断です。A型事業所は、都道府県や市区町村などの自治体から委託を受けて運営されています。そのため、在宅勤務を認めるかどうかは、各自治体の判断が必要となります。

ここでいう自治体というのは、在宅勤務を希望する利用者が住んでいる(利用者の住所がある)自治体であり、事業所の住所がある自治体ではないので気をつけてください。

また、これらの条件以外にも在宅勤務をするルールとして「1日2回以上はチャットツールや電話などを使って連絡を取り合う」、「週に1回もしくは月に1回は利用者が通所するか、職員が利用者の元へ訪問する」といったものがガイドラインに示されており、こういったルールを元にどのように在宅勤務をしていくかを市区町村に提示し、判断を仰ぎます。

A型事業所で在宅勤務をするメリット

A型事業所で在宅勤務をするメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 通勤の身体的・精神的負担を軽減できる
  • 障害特性による制約を軽減できる
  • 自宅で集中して仕事に取り組める
  • 通勤時間や交通費を節約できる

通勤の身体的・精神的負担や障害特性による制約を軽減できるため、利用者が就労活動を継続的に行うことができるのもメリットといえます。また、自宅で集中して仕事に取り組めるため、生産性の向上につながる可能性もあります。

ただし、在宅勤務をしてみたものの上記のようなメリットが得られず、かえって生産性が落ちてしまったりストレスを抱えてしまったりする利用者が出てくることも十分に考えられます。そのような場合は、通所に戻したり通所と在宅を併用したりといった柔軟な対応が必要となります。

A型事業所での在宅勤務は、利用者の希望と自治体の判断があれば可能です。通勤の身体的・精神的負担や障害特性による制約を軽減できるといったメリットがあり、利用者の就労能力向上や社会参加の促進に効果的な支援方法といえます。

ですが、自宅で業務を行うための環境、自己管理能力やインターネットなどを使ったコミュニケーション能力などが求められ、全ての利用者に効果的とは言い切れません。

ですから、安易に時代の流れだからといったような理由で在宅勤務を希望したり勧めたりするのではなく、利用者の障害特性を考慮したうえで最適な就労形態を検討することが大切かと思われます。

メジャーサポートサービスでは体験や見学、問い合わせなどを随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。