就労継続支援A型事業所 株式会社メジャーサポートサービス 浜松事業所

就労継続支援A型事業所 メジャーサポートサービス浜松事業所

就労継続支援A型事業所
メジャーサポートサービス 浜松事業所

仕事で体調を崩してしまったあなたへ。もしかして鬱かも?(1)

私も会社員として働きながら、鬱病と向き合ってきた一人です。当時は、このまま仕事を続けられるのか、将来はどうなるのか不安でいっぱいでした。

しかし、いくつかのヒントを実践することで、症状と上手に付き合いながら、仕事とプライベートを両立できるようになりました。

このブログでは、私の経験をもとに、鬱病や双極性障害を抱えながら仕事を続けるためのヒントをご紹介します。

鬱病や双極性障害の症状と特徴

鬱病や双極性障害は、気分や思考、行動に影響を与える精神疾患です。多くの人が一生のうちにこれらの病気のいずれかを経験しますが、適切な治療を受ければ、症状をコントロールして充実した生活を送ることができます.

鬱病は、悲しみ、絶望、無気力などの症状を引き起こす気分障害です。仕事や学校、日常生活などの活動を行うのが難しくなる可能性があります。

双極性障害は、気分が極端な高さと低さに変化する気分障害です。躁状態では、気分が高揚し、エネルギーが満ち溢れ、活動的になることがあります。うつ状態では、気分が落ち込み、絶望し、無気力になることがあります。

鬱病と双極性障害の症状は人によって異なりますが、次のような一般的な症状があります。

  • 気分が落ち込む
  • 絶望的または無価値な気分
  • 興味や喜びの喪失
  • 疲労感
  • 睡眠障害
  • 食欲の変化
  • 集中力の低下
  • 決断困難
  • 不安感
  • 落ち着きのなさ
  • 自殺念慮

これらの症状が2週間以上続く場合は、医療専門家に相談することが重要です.

鬱病や双極性障害の治療法は、薬物療法、心理療法、生活習慣の改善などがあります。 多くの場合、治療法は症状の重症度と個人のニーズによって異なります。

鬱病や双極性障害は、治癒する病気ではありませんが、適切な治療を受ければ、症状をコントロールして充実した生活を送ることができます。

もしあなたが、自分自身がまたはあなたが知っている人が鬱病や双極性障害かもしれないと思う場合は、助けを求めることが重要です。 多くのリソースが利用可能であり、回復への道を歩むのに役立ちます。

仕事と症状を両立するためのポイント

鬱病や双極性障害を抱えながら仕事を続けるためには、自分自身と症状を理解し、適切な対処法を見つけることが重要です。 以下に、仕事と症状を両立するためのポイントをいくつかご紹介します。

Ⅰ 自分の症状を理解する

  • 自分の症状がどのようなものなのか、いつどのような時に悪化するのかを理解することが大切です。
  • 日記をつけることで、自分の症状のパターンを把握することができます。
  • 主治医と相談し、自分の症状に合わせた治療計画を立てることも重要です。

Ⅱ 無理をしない

  • 自分の体調に合わせて、無理のない範囲で仕事をすることが大切です。
  • 疲れたと感じたら、休憩を取るようにしましょう。
  • 仕事を抱え込まないように、周囲に助けを求めることも大切です。

Ⅲ 自分に合った働き方を見つける

  • 可能であれば、在宅勤務やフレックスタイム制など、自分の体調に合わせて働きやすい環境を整えるようにしましょう。
  • 仕事とプライベートのメリハリをつけることも大切です。
  • 休暇をしっかりと取るようにしましょう。

Ⅳ ストレスを溜めない

  • 適度な運動や趣味など、ストレス解消法を見つけることが大切です。
  • 十分な睡眠をとることも大切です。
  • バランスのとれた食事を心がけましょう。
  • 必要であれば、カウンセリングを受けることも有効です。

Ⅴ 職場への理解を得る

  • 自分の病状について、上司や同僚に理解してもらうことが大切です。
  • 自分がどのような配慮を必要としているのかを具体的に伝えるようにしましょう。
  • 職場には、メンタルヘルスの相談窓口などが設けられている場合がありますので、活用しましょう。

Ⅵ 再発防止に努める

  • 規則正しい生活習慣を心がけましょう。
  • ストレスを溜めないようにしましょう。
  • 定期的に主治医に診察してもらいましょう。

鬱病や双極性障害を抱えながら仕事を続けることは、決して簡単ではありません。 しかし、適切な対処法を見つけることで、症状と上手に付き合いながら、仕事とプライベートを両立することができます。

上部へスクロール