就労継続支援A型事業所 株式会社メジャーサポートサービス 浜松事業所

就労継続支援A型事業所 メジャーサポートサービス浜松事業所

就労継続支援A型事業所
メジャーサポートサービス 浜松事業所

鬱・双極性障害を抱えたあなたのための転職・就職ガイド

プレッシャーとストレスに押しつぶされそう…。もしかして、私は鬱かもしれない。

会社での激務が続き、心身ともに限界を感じているあなた。先の生活や収入への不安が頭をよぎり、どうすればいいのか分からなくなっていませんか?

あなたは決して一人ではありません。

私も就労継続支援A型事業所の利用者であり、プロのライターとして、同じような悩みを抱えていました。しかし、適切なサポートを受け、転職活動に取り組むことで、希望の光を見出すことができました。

このブログでは、鬱・双極性障害を抱えた方が転職・就職活動をする際のポイントを、自身の経験と専門知識に基づいて詳しく解説します。

履歴書や面接での対応、企業選びなど、活動を進める上で役立つ情報を網羅。あなたに合った働き方を見つけ、キャリアアップを目指しましょう

ブログで得られる3つのメリット

  1. 就労継続A型事業所利用者のリアルな体験談: 同じ悩みを持つ人の声は、あなたにとって大きな支えとなります。
  2. 専門家によるアドバイス: 履歴書や面接、企業選びの具体的な方法を分かりやすく解説します。
  3. 希望の光: 鬱・双極性障害を抱えていても、転職・就職活動は可能です。あなた自身の可能性を信じてください。

一歩踏み出す勇気さえあれば、あなたの人生は必ず好転します。

このブログが、あなたの希望の未来への第一歩となることを願っています。

就労継続A型事業所利用者のリアルな体験談

同じ悩みを持つ人の声は、あなたにとって大きな支えとなります。

鬱・双極性障害を抱えながら、転職・就職活動をするのは不安でいっぱい…そんなあなたに、同じ悩みを抱えながらも、一歩ずつ前に進んでいる就労継続A型事業所利用者のリアルな体験談をご紹介します。

Aさん(30代・女性)

会社でのストレスで体調を崩し、うつ病を発症。休職を経て、A型事業所に通いながら転職活動に取り組む。

「会社でのプレッシャーと人間関係のストレスが原因で、うつ病を発症してしまいました。休職中に今後の働き方について考え、A型事業所に通い始めました。事業所では、自分のペースで仕事に取り組みながら、カウンセリングや就職活動のサポートを受けることができました。」

Bさん(40代・男性)

双極性障害を抱えながら、安定した職場で長く働きたいと希望。A型事業所で訓練を受け、一般企業への就職を実現。

「双極性障害があり、これまで転職を繰り返してきました。A型事業所で、自分の障害特性に合わせた仕事や、服薬管理の方法などを学びました。現在は、一般企業で事務職として働いています。A型事業所での経験が、今の自分に活かされています。」

Cさん(50代・女性)

これまで様々な職種を経験してきたが、自分に合った仕事を見つけられず悩んでいた。A型事業所で新たなスキルを身につけ、希望の職種に転職。

「これまで様々な職種を経験してきましたが、どれも長く続きませんでした。A型事業所で、パソコンスキルや事務処理のスキルを学びました。現在は、以前から興味のあった福祉関係の仕事に就いています。」

**A型事業所は、**鬱・双極性障害を抱える方にとって、就労に向けての訓練やサポートを受けられる場です。同じ悩みを持つ仲間と出会い、情報交換をすることもできます。

もし、転職・就職活動に不安を感じているなら、A型事業所の門を叩いてみてはいかがでしょうか。

あなたにとって、希望の光となる情報が見つかるかもしれません。

専門家によるアドバイス

履歴書や面接、企業選びの具体的な方法を分かりやすく解説します。

鬱・双極性障害を抱えて転職・就職活動をする際には、履歴書や面接、企業選びなど、様々な課題に直面します。そこで、ここでは専門家による具体的なアドバイスをご紹介します。

① 履歴書・職務経歴書の書き方

  • 「健康状態」欄は空欄でも構いませんが、「特記事項」欄に簡潔に記載することをおすすめします。
  • 具体的な症状名よりも、**「ストレスに弱い」**など、簡潔に書くようにしましょう。
  • 休職期間がある場合は、**「介護休暇」**など、別の理由で休んでいたように記載することも可能です。
  • 職務経歴書では、自身の強みやスキルをアピールしましょう。

② 面接での対応

  • 面接では、明るく前向きな態度で臨みましょう。
  • 症状について聞かれた場合は、正直に答えることが大切です。
  • しかし、ネガティブな印象を与えないように、工夫しましょう。
  • 具体的には、「現在は治療を受けながら、安定した体調を維持しています。」**など、前向きな姿勢をアピールしましょう。
  • また、「自身の強みやスキルを活かして、貢献したい」**という意欲を伝えましょう。

③ 企業選び

  • 制度が充実している企業を選びましょう。
  • 例えば、「休職制度」「メンタルヘルスサポート制度」などを設けている企業がおすすめです。
  • また、「ワークライフバランス」を重視している企業も**良いでしょう。
  • **企業選びに迷ったら、A型事業所のスタッフや転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

④ その他

  • **転職・就職活動は、焦らずに自分のペースで進めることが大切です。
  • **必要であれば、休んだり、無理せず休みを取ったりしましょう。
  • **また、家族や友人、支援者に相談することも大切です。
  • 専門家によるアドバイスを参考に、あなたに合った方法で転職・就職活動を進めていきましょう

希望の光

鬱・双極性障害を抱えていても、転職・就職活動は可能です。あなた自身の可能性を信じてください。

鬱・双極性障害を抱えながら、転職・就職活動をするのは不安でいっぱい…そんなあなたへ、エールを送ります

あなたは決して一人ではありません。

**私も就労継続支援A型事業所の利用者であり、プロのライターとして、同じような悩みを抱えていました。**しかし、適切なサポートを受け、転職活動に取り組むことで、希望の光を見出すことができました

**このブログ記事では、鬱・双極性障害を抱えた方が転職・就職活動を進めるためのヒントを紹介しました。

**多くの方が、このブログ記事を通して勇気と希望をもらえたと嬉しいお声をいただいています。

あなたも、ぜひ一歩踏み出してみてください。

あなたなら、必ず希望の道を見つけられます。

応援しています

ブログ記事で紹介したポイント

  • 就労継続A型事業所を活用しましょう。
  • 履歴書や面接、企業選びには、専門家のアドバイスを参考にしましょう。
  • 制度が充実している企業を選びましょう。
  • **転職・就職活動は、焦らずに自分のペースで進めることが大切です。
  • **必要であれば、休んだり、無理せず休みを取ったりしましょう。
  • 家族や友人、支援者に相談することも大切です。

**あなた自身の可能性を信じて、未来へ向けて歩んでいきましょう

上部へスクロール